デザイナーズマンションの暮らし
2022-01-24
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
  • Hatena Bookmark

コンクリート打ちっぱなし物件はおしゃれ&快適に住める⁉︎メリット・デメリットを紹介!

お部屋をスタイリッシュに仕上げてくれる、コンクリートの打ちっぱなし。
デザイナーズマンションでは王道なスタイルですよね。

インテリアをセンス良くスタイリングしなくても、お部屋の雰囲気をぐんとおしゃれにするコンクリート打ちっぱなしは、男女問わず人気である一方で、実際の住み心地について気になる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、コンクリート打ちっぱなし物件のメリット・デメリットをご紹介します!
新生活のお部屋にコンクリート打ちっぱなしの物件をご検討されている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

メリット➀:特別感を感じられる非日常的な空間

コンクリート打ちっぱなしの最大のメリットは、”デザイン性の高さ”があげられます。

無機質な素材をそのまま生かしたデザインはお部屋に重厚感と存在感を与えてくれるため、お部屋そのものがシンプルかつ個性的な印象に。

いつ帰ってきても、特別感を感じられる非日常的な空間はあなたの気分をぐっと上げてくれること間違いなしです。
またコンクリートの打ちっぱなしは、インダストリアルインテリアはもちろん、ナチュラルインテリアなどの温もりのあるテイストとも相性抜群!

定番のインテリアでもアンニュイな雰囲気を演出することができるので、通常のお部屋よりもワンランク上のデザイン空間を体験してみたい方におすすめですよ。

メリット➁:遮音性、耐火性に優れた空間

お部屋選びの際、防音対策が気になる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

せっかくのプライベート空間。なるべく周囲を気にすることなく、思いっきりくつろぎたいですよね。

その点、RC造は木造よりも遮音性・防音性が高いため、外部の音を気にすることなく安心してお過ごしいただけます。日々の生活はもちろん、リモートワークなどの作業にも最適な空間となっているので自宅での作業が多い方におすすめのデザインとなっております。また、不燃材料であるコンクリートは耐火性にも優れているため、安全面も◎!

耐火性が高いことから火災保険の負担が軽減されるケースが多いのもメリットの一つとなっています。

見た目だけでなく、機能面でも優れているコンクリートの打ちっぱなし。ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

デメリット:室内温度の調整に難あり!
ここからは、コンクリート打ちっぱなしのデメリットをお伝えしていきます。

お部屋にコンクリートを取り入れることで生まれるデメリットとして通気性の低さがあげられます。

コンクリートは熱伝導率が高く、熱を伝えやすい性質であることから外の気温をお部屋に取り込んでしまう傾向にあります。それにより、夏は日光の熱気が篭りやすく、冬はお部屋がひんやりと冷たい空気に包まれるので、室内温度の管理が難しくなることも…。

またこれに付随して、外気との温度差による結露やカビなども発生しやすくなるため、定期的な換気や除湿が必要不可欠になってきます。

お部屋を選ぶ際は、窓の位置や換気がしやすい間取りであるかどうかを意識しながらチェックしてみてくださいね。

このように、コンクリート打ちっぱなしのお部屋ならではの弱点もいくつか存在するのでRC造の物件に興味がある方はぜひこちらも参考にしてみてくださいね。

今回は、コンクリート打ちっぱなし物件のメリット・デメリットをご紹介いたしました!

いかがだったでしょうか?

物件選びに迷っている方やこれから新居を探す方のお役に立てば幸いです。

最後に、私たちデザイナーズマンションtrias でもコンクリート打ちっぱなしのデザインを取り入れた物件を竣工しておりますので、実際にRC造物件を見てみたい方はぜひモデルルームに遊びにきてくださいね。

コミュニティ型デザイナーズマンションtriasでは、クリエイティブに暮らしを彩る情報やクリエイティブな仲間とつながるイベント情報、お得なサービスを公式LINEでも発信しています。

気になる方はぜひ、コチラ↓の詳細からtrias 公式LINEにご登録いただけたら幸いです!trias 公式LINE→コチラ または、LINEにて @triasで検索♪

 

 

FOLLOW US SHARE
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
  • Hatena Bookmark